自分でウェブサイト運営や相談業務などを通じて世の中の動きを把握しないと、景気の変動や案件の需要動向が理解できない。

昨日、専属職人チームの相方から連絡があり、親方のほうが事務連絡の不手際があり、それが原因で自分たちの仕事が減ったと勘違いしているらしい。

ほんと馬鹿だと思います(笑)。自分たちで営業努力をしていないから、世の中の需要や景気の動きが体感できていないんですね。
*彼らの仕事が減った理由は比較的単純です。彼ら自身が仕事仲間から紹介される仕事自体がほとんどないこと。それと私が受注する東京方面の現場仕事が大幅に減ったためです。

事務連絡は確かに大事であり、このミスで現場の日程などがだめになり、キャンセルになることもあり得ます。ですが、根本は彼らの仕事仲間自体の仕事が少なくなていることを見れば分かると思います。
*大手が小さな案件も根こそぎ持っていき、零細事業者のほうへ回らなくなっている。

大手営業力に対する対策を講じていないから、余計に苦しくなる。やはり仲間同士で手分けして営業したり、サイト運営をやるなど工夫が必要です。

地元の人でさえ、優秀な職人がどこに居るか、まったく分からない。それは業者も世代交代が起きているので、先代から次の経営者に引き継がれなければ、そこで途切れます。
だから紹介案件が減るのです。

これを補完するには、需要動向を探り、サイトなどアンテナを張り、地元で相談会を実施するなど需要の掘り起こし作業を地道にやっていくしかないと思います。

昨日、うちの職人に改めて、ウェブサイトの事やチラシ広告など営業努力をしなければ、淘汰されるだけだと説明しました。
何度も同じ説明をしているので、半ばあきらめています。182.png
------------------
暮らしの雑記帳

[PR]
# by neo-diy | 2017-09-18 07:51 | 事業者向けネタ | Comments(2)

役割分担とウェブページ

私の知人でツイッターをやりたいと言っていた自営業の人が居ますが、彼はブログすら使っていないので自分では使いこなせないようです。
*私よりも少し年上なので、PCやウェブサイトが苦手な世代です。(私を含めて)
*大学の先輩建築士(還暦過ぎ)のように在学中からPCをいじりまくり、ホームページの黎明期からずっと現在に至るまでネットにどっぷりつかる生活をしてきた人には、簡単な話しなんですが。

普通のブログでもカスタマイズが面倒で敷居が高い人には、私以上に動機が必要であり、ある程度の練習など慣れることが不可欠です。

私の知っている、あるカフェは共同で事業運営しているので、ウェブサイトが得意なほうが専従で担当し、店の公式ツイッターを運営しています。

ですが、私や知人店主のように自営で一人で運営している場合は、自分でやるか外注するしかない。
知人建築士と同様に外注する経費がもったいないと考えるならば、諦めるか自力でやれるように努力するしかない。

私の場合は業種が違うので、あまりツイッターの必要性がありません。イベントや特売会など急いで告知する内容があまりないので、普通のブログで十分です。
私の先輩にも「あなたの場合は、ツイッターは要らないでしょう。むしろブログで事例を投稿したほうが役立つ。」と言われている。

私も共同事業者が居れば、もっとウェブサイトやネットが得意な人と役割分担して分業したいのですが、同年代の知人は大半がウェブサイトそのものが苦手で、あと数年でリタイアするようです。
*私のように、あと10年くらい自営を続ける見込みの人は少数派です。

しかし、ネットを活用できない人には、基本的に自営は無理です。うちの職人を見ればよくわかります。
知人建築士は取引先から仕事をもらっているので生活できますが、普通の自営では難しいでしょう。

先輩を含めて知人や親せきにも、私がここまでウェブサイト主力で営業するとは想定外だったようです(笑)。※それはそうでしょう。私自身が14年前まで、まったく想定していませんでしたので。

私が言いたいのは、役割分担できない状況であれば、自分でやるしかないということ。当たり前です。
*うちの専属職人チームは、ウェブサイト運営そのものを諦めたようなので、私が受注する案件がなくなれば、自然に淘汰されます。

[PR]
# by neo-diy | 2017-09-17 08:29 | ウェブページ | Comments(0)
無料相談ばかりにこだわる人の相談が続いているので、最初から「無料のための無料相談は日程の事情からお受けできない」と、きっぱり断っています。

方針が決まらない計画段階での無料相談は、それなりに意味があります。方針を間違えると、だめになる防音室などの建物用途がありますから。
また、設計段階で見直しの余地がある案件は対応できます。
*こういうケースはほとんど最初は無料相談をお受けしています。
もちろん、西国立までお出でいただける一般の人で、初回限定です。

ところが、着工間近になって、防音対策をご教示ください、という問合せは、大半が無料で答えを教えてくださいということなので、民間業者である私には関係ないことです。
それはNPOやボランティア、公的機関に相談することです。
*民間業者が無料相談ばかりやっていて生活できるわけないです(笑)。あたりまえですが。

変更の余地のない建築において、無料相談を行うのは無理です。そんな民間の専門業者は存在しません。

最近、そのような問合せが続いているのですが、ちょっと我慢してお断りしています。
特別扱いは不公平であり、今までルールを守って順番に予約をしていただいた人に申し訳ないからです。

それに、仕事を依頼していただける可能性の高い人は、いきなり、教えてくださいというような聞き方はしません。もっと具体的に問題点と要望事項を整理してから問合せをされます。

なんというか、夏休み明けから、こんな調子なのでモチベーションが下がりそうでしたが、昨日、1件契約書の返信が届き、少しほっとしました。
また、今日から前向きに考えていきたいと思います。
------------------------
暮らしの雑記

[PR]
# by neo-diy | 2017-09-15 07:15 | 事業者向けネタ | Comments(0)
エキサイトブログ(当ブログ)に最近、固定ページ機能が追加され、日付のないページが別途作れるようになりました。
*私の固定ページ:プロフィール

いろいろな活用方法が考えられると思いますが、これで「特設ページ」や「詳しいプロフィール」が楽に作れます。

この機能、実は大手の無料ブログには殆ど付いていない機能であり、私の利用しているブログではwordpress.comしかなかったように思います。

エキサイトブログは、比較的使いやすいブログであり、テンプレートも増えてきていますので、固定ページと組み合わせれば、立派なホームページとしても構築できそうです。

この機能が、もっと早く付加されていれば、仕事用の主力として使っていたと思います。

とにかく使いやすいブログは、長く継続して使うユーザーにとって、大変ありがたいものです。

もし、この固定ページを検索で上位に出るようにしたい人は、固定ページのタイトルに必ず重要なキーワードを入れることです。
そして、重要な強調したいセンテンスにキーワードと解説文を入れて「太文字」で指定します。strongの表示になり、検索エンジンが重要なコンテンツの一部として認識します。

あとは文章と画像を適度に入れて構築します。
------------------------
追記:無料プランの場合は固定ページは1つしか作成できないようです。
私の勘違いでした・・・・・やはり、固定ページを無料で普通に作れるのは、wordpress.comだけのようですね。
→私の例(参考):暮らしのサテライトページ

[PR]
# by neo-diy | 2017-09-13 08:45 | ウェブページ | Comments(0)
不動産も含めて物が売れない時代、というより「再生する時代」に入ったと思います。

すでに多くの分野でリサイクル製品やリサイクル素材が多岐にわたり活躍しています。建築・不動産の世界では、小学校など公的施設の耐震補強リニューアル、古民家再生、中古物件の店舗リニューアルなど、既存施設を生かして活用する時代です。

日常生活では、廃番となった製品の修理・部品交換から楽器の工房での修理など古い価値のある物の再生を得意とする専門業者も沢山あります。

私の仕事関係では、依頼者が修理再生されたアンティークなピアノ、ヴァイオリンなどを演奏されています。それに応じた古い木造中古物件のリフォームも経験しました。

私が活用する現場の資材の過半はリサイクル製品です。合成樹脂の遮音マット、PETウール・フェルト、リネン素材混合品、再生アスファルトマット基材、間伐材加工繊維ボード(シージングボードなど)、石膏ボードリサイクル素材、古民家の梁・柱など古材。

新築住宅で最近使用されている木材の繊維や木片を集成した耐震補強用のボード類もそうです。
中古住宅も土台が腐ったり、基礎が壊れていない限り再生したほうが安いです。

床下の木材の束が腐っていても交換すれば床は再生できます。それが木造家屋の利点です。
耐震補強も可能です。

最近、契約した案件(北海道)では、使用する吸音材が地元の木材繊維を再利用したリサイクル素材で製品化されています。
*古くは上野の音楽堂の壁内使用されていたオガクズなど普通は廃棄されるような素材が吸音材として活用されていました。

アイディア次第で、これから色々なリサイクル製品が出て来るでしょう。
-----------------------
防音職人が目指すもの
暮らしとブログの雑記帳


[PR]
# by neo-diy | 2017-09-11 07:43 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy