商いがヘタクソ

 提携先には多くの相談案件を紹介しましたが、ほとんど業務に結びつかないという感じです。

 難しい内容であるのと、相談者が調査や設計の労力に対して適正な代金を払うという考えがないことが多く、提携先もあまり商売気がないので、人の良さに付け込まれることが多いようです。
 いやな世の中になりました。

 私のように国立での無料相談をうたっている、約束している場合は別です。これは利益を追求するのではなく、少しでも問題の情報やニーズを把握することに主眼を置いていますので、必ずしも契約にはなりません。

 私を含めて、提携先、職人、取引先すべて、商いがへたです。ですから、少しでも誠実な依頼者に会えるように無料相談やウェブサイトに力を入れているわけです。

 ただ、これだけは言えると思います。人の労力に対して誠実に応えられない人は、誰も助けないと思います。不誠実な人は、いずれは誰かに騙されます。

 我々は商売がへたでも、焦ってはいけません。目先の利益で本質を見失っては、専門家・事業者として脇道にそれます。

 また、自分ができることを懸命に続けることが、きっと明日につながると思います。

 では、なぜ提携先に案件を紹介するのか? それは、自分の得意とする分野に集中したいためです。
 最近、加齢とともにPC、現場に向き合う体力が低下してきたので、仕事を分担するようにしました。数年前までは、ほとんど全部自分でやっていたことも、難しい件ほど、提携先と検討するようになりました。体力的な問題だけでなく、複数の専門家の分析・経験を生かすためです。

 確かに、商い的には、私にはその分、収入にはなりません。ですが、一人でやるよりも多くの案件に対処できます。
[PR]
by neo-diy | 2013-04-13 09:58 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧