仲屋(利休饅頭)本店からの手紙

 昨夕、母方の親戚(島根県浜田市)の仲屋から手紙がきました。注文した品物(利休饅頭)の発送案内とお礼の手紙でした。

 この饅頭は、私が生まれた浜田市の親しい親戚が地元で丹精込めて作り続けている名物です。少なくとも山陰では、最も古い老舗で、製法も材料も変わらず、国産材料、添加物なしにこだわり続け、長期間保存がきく銘菓です。

 黒砂糖と小豆で中身のあん・薄皮を作ります。小さな饅頭ですが、手間と材料の品質維持のため、単価は時代とともに値上がりしました。
 私の子供時代のお菓子としては高価なもので、祖父母の実家に滞在する時しか口に入らないものでした。

 今回、自宅と知人の分を注文しましたが、多量を依頼しました。でも冷凍保存ができるので、電子レンジで加熱して、元の風味も再現できます。

 仲屋は老夫婦が本店を守っており、代々受け継がれた味を守っています。JR浜田駅の付近には、支店があり、土産物として販売されています。

 私の自宅と知人宅には、5月1日に届く予定です。久しぶりに食べますが、とても楽しみです。

 ホームページがないので、地元の紹介ページのURLを貼っておきます。
仲屋の利休饅頭(本店)
[PR]
by neo-diy | 2013-04-25 08:04 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧