取引先との会話

 いろいろと取引先と情報交換したり、ぐちを聞いたりしていますが、それで?今後はどうするの?という次の展開の話が出てきません。

 このまま仕事が減り続ければ、田舎へ帰るという人もいる。それはそれでも良い。東京にしがみつくだけが人生ではない。
 地方から東京を、商いを冷静に見ることも大切かもしれない。

 ただ、これだけは言える。ネットの世界に東京も大阪も、広島も関係ない。国内に限っても日本中が商いの対象です。

 やれることをしないで、目先の資金繰りだけで手だてをこまねいていることは、非常に残念なことです。
 そのような人は自営業に向いていないのです。我慢して会社勤めをしていたほうがいいのです。

 ブログ、ウェブサイト一つをとっても、自分を追い込んで、頭をしぼって、手作りでやってみれば、かならず読者に響くのではないかと思うのです。

 私は、自分の保険や預金を取り崩して、事業資金と外注経費を捻出してきました。

 はじめてホームページを立ち上げるころ、人に言われました。手作りのネタは、キーワードで検索すれば、体験談や無料のサービス、ひな形などを提供している人たちがいるから、時間をかければ見つかるよと。
 本当にそうでした。このとき、人様のアドバイスは非常に参考になりました。

 自分の能力に応じて、やれることの一つや二つは見つかるものです。

 ただ、気をつけなければならないのは、人の弱みに付け込む輩がいることです。飛びつく前に必ず信頼できる友人・知人、専門家に相談することです。

 取引先の中にもいたんです。もう少しで危ない取引にはまりそうな人が。私がくいとめました。

 甘い話には裏がある。しかし、信頼できる人の真剣なアドバイスは貴重です。私は頂戴したら、必ずお礼を返すことにしています。

 それはいろいろな形があると思います。その人のウェブサイトを応援するとか、中元や歳暮などの際には利用したり、口コミで知人に伝えたり、直接プレゼントする。

 私は古いタイプの人類ですので、このように思います(笑)。
[PR]
by neo-diy | 2013-05-29 08:40 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy