仕事と雑用の中で

 私の朝型には家庭の事情があり、食事と薬の服用など定められたタイムスケジュールに支配されているためで、これが仕事の制約でもあり、食事のリズムにもなっています。

 ですが、早朝は、自宅マンションの非常識な連中が静かにしている時間帯でもあるので、最も仕事がはかどり、私的な調べものや読書がじっくりとできるときです。

 メールも朝チェックするのですが、最近はいらだつメールが多く、ウェブサイトに記載してある注意書きをまったく読んでいないような問合せが増えました。
*社会人としての常識は?ないのだろうか。

 一方、丁寧な誠実なメールをいただくと、ほっとします。

 以前にもブログに書きましたが、大学入学早々に学科長が「諸君の専門的な能力は大学間においては大差はない。大差が出るのは国語能力、読解力、一般教養・社会的常識である。これを忘れないで大学生活を過ごしてほしい。」というような言葉をいただきました。

 当時は意味が実感できなかったのですが、会社勤めや独立開業して現在に至るまで、その言葉を痛感しています。

 ウェブサイトの盗作が多い背景にも、国語能力の問題があると思います。盗作する人間は専門的な知見の欠如だけでなく、オリジナルの分析能力、文章能力がないため、安易に流用するのだと思います。いわゆる「魂のないホームページ」を量産するのです。

 仕事でも雑用でも、趣味でも真剣に取り組めば、自然と身に付く能力はあると思います。

 ウェブサイトでも本でも、自分のお気に入りを見つけること、熟読することが大切だと改めて思いました。
[PR]
by neo-diy | 2013-06-11 07:33 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy