ウェブサイトなどの戦略的運営

 近年のネット活用の社会的な状況、インフラ整備・製品開発などを見れば、事業者ならば大半がウェブページの活用を主軸に展開すると思います。

 ある情報では、ついにウェブサイトなどネットによる営業効果がテレビCMを抜いたと言われています。新聞の折り込みは、もはや建築設計・リフォームにとっては効果は薄く期待できません。

 チラシは、むしろコンビニや郵便局など、生活に密着した場所に掲示したり、置いたほうが効果的だと言われています。
 その場合、ホームページのアドレスを記載するのは重要なことです。詳しくはウェブサイトをご覧くださいと記載されているチラシが多いです。

 チラシ+ウェブサイトはセットで活用すべき営業ツールとも言えると思います。その際、重要なのは事業者名やホームページのネーミングです。

 覚えやすく、印象に残る、わかりやすいイメージが瞬時に伝わるものが望ましいと思います。私はこれらの観点から、自分の運営するオフィシャルなウェブサイトには「防音職人」という統一名称を付けました。
 会社名は有名企業やインパクトのあるものでしたら、そのまま使えますが、そうでなく類似したものが多い場合は、別途「ウェブサイトの屋号のようなもの」を考えて名付けたほうが、覚えやすいと言えます。

 ウェブサイトは、あまり難しい目標やコンセプトは検討する必要はなく、シンプルなインパクトのあるメッセージから始めて、段階的に成長させて行くほうが取り組みやすいと思います。

 また、私のような零細自営業者が、9年以上営業してこれたのは、絶えず段階的に改造しながら、コンテンツを拡充してきたことが要因としてあると思っています。
 自画自賛ですが、私のような気の短い人間がやってこれたのは、オリジナリティにこだわり、研究し続けたことを正直に、ウェブサイト・ブログで公開してきたことが差別化につながったと考えています。

 ウェブサイトを事業展開の柱に検討している方、工夫次第で道は拓けると思いますので、お互い頑張っていきましょう。
[PR]
by neo-diy | 2013-08-21 07:47 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧