冬支度

私にとって冬支度とは、その年の商いの収支計算をして、来年に備えることです。
*見かけの売り上げが増えた分、来年の課税額が増えます。
*所得税、保険税、住民税などの支払いが売上高と連動します。

来年の事業モデルを検討することと、それに対応したウェブサイトの補強や仕入れ先の調整など、師走から来年2月までの冬に、やるべきことは多いです。

来年の大きな課題は事業モデルの確立と経費の節減です。ウェブサイトの補強テーマは「木造の楽器防音室」です。

 提携先は、自分の事業モデルがまだ見えないと言います。これは、おそらく建築・不動産業者など法人対応が多いので、見えないのかもしれません。
 私のように個人ユーザー、楽器演奏者、音楽教室の先生、零細な大家さんに絞っていれば見えたはずですが。

 基本的に大半の建築・不動産業者は、プロの防音設計技術者をお客さん、提携者とは見ていません。貴重な情報をただでもらおうとしているだけであり、私から見れば、かれらはハイエナのようなものです。

 非常に厳しい言い方ですが、取引先や提携先は、私のアドバイスや提案について本気で取り組まないで、夏の間、過ごしたわけですから、いきなり冬に成果を期待することは無理でしょう。

 むしろ、この冬は来年の春のために、徹底的に備えることが得策だと思います。もちろん、すぐにやれることは実行すべきです。

 私はいままで、知人や同業者には夢が小さいと言われてきました(笑)。ですが、堅実に地道にやってきたおかげで、事業上の借金はなく、なんとか生き抜いてきました。
 自分の身の丈ほどの商いを続けてきたのです。
[PR]
by neo-diy | 2013-12-01 08:44 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy