提携先とホームページ

 現在付き合っている、提携先や取引先の半分は、会社勤め時代に知り合った業者です。

 私が会社を辞めて独立開業してからも取引を継続しています。独立当初、拙いホームページを立ち上げて、業務の案内をしたところ、東京に営業に会いにきてくれたのが業務取引の始まりでした。
*あとで聞いたところ、ホームページに記載された分野は、その当時、伸びていくと判断したそうです。だから自営業でもやれると、提携先は社内で議論したとのこと。

 その後、数年して、その会社の担当者は会社を辞めて独立して新しい会社を作りました。資金もほとんどないので、私が手作りでホームページの形を作り始め、そのあと知人にボランティアで、CMSタイプのホームページに改造を依頼したのです。

 提携先は、将来を見定めてホームページの改造費用を準備しなかったため、改造後の拡充作業をしませんでした。
 最近では、問合せも減ってきたようで、ついに私の提案の一部に着手しようと迷い始めたようです。果たして自分でやれるのか、何をやるのかを、今週の情報交換会で話をすることになりました。

 このCMSは、ブログ機能が組み込まれているので、テーマ別に投稿すれば自動的に更新されます。コンテンツを簡単に追加できるのです。
 そのことを再度、説明することになります。ほとんど通常のブログと同じようなものです。

 提携先は事業資金のストックがないので外注費を出せないと言いました。私は商いを拡充するために、外注費を少しでも準備するように提案しましたが、価値観?考え方の相違なのか。話がかみ合いませんでした。
 私は覚悟を求めるため、外注費を2万円でも3万円でもいいから、誠意を見せてくれと言ったつもりです。少額でも知人や私ならば、やれるだろうと思ったわけです。

 しかたないので、今週の情報交換打合せは、お金をかけないでも、時間をかければやれることを提案するつもりです。
*これが最後の提案でしょう。

 それから、別の取引先は、大手の設計会社廻りを会社の方針として、営業担当に命じたようですが、やはり思うようにはいかないのか、今まで私の提案には食いつかなかったのが、先週になって問題ないので、宜しくお取りはからいください、と返事がきました(笑)。
*紹介案件への営業経費負担の件です。私の紹介に応じて、営業経費の一部を負担しますという返事です。
 これは、長い付き合いの取引先ですから、私のほうから営業努力の成果をお分けしますという、主旨です。私が頂戴する経費の一部は極少額であり、これはウェブサイト運営費用の一部に充当するものとして考えています。
*取引先は商品の利益があり、案件の依頼者には特別割引となり、互いにメリットがあります。

 やっと動き出したのか? いまや私のほうから救いの手を差し伸べるという事態になりましたが、果たしてうまく行くでしょうか。
 私にもわかりません。答えは来年に出るでしょう。
[PR]
by neo-diy | 2013-12-08 15:51 | 仕事の回想・自分史 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy