日本の今の人たちに信義があるのか

 小野田さんが亡くなり、また一つ昭和が消えたと思いました。彼の残した言葉は、日本の様々な分野でも、市井の身近な仕事・暮らしの中でも、薄くなりつつある「信義」という言葉が重い響きをもっていることを教えてくれたと思います。

 ネットの世界では、利益さえ増えれば良いと、信義に反した誇大広告があふれ、油断のならないウェブサイト、業者が増えていると思います。

 建築の世界でも、ネット通販、宅配サービスでも、人間がやることですから、ミスもありますが、重要なのはベストを尽くすことと、アフターサービスや完了後の対応だと思います。

 私が現在利用している2つのネットスーパーは、商品に問題がある場合は、必ず速やかに対応してくれるので信頼できる企業だと思っています。

 また、知人や親せきの店舗は、誠実で「信義」を重んじる昔堅気を感じる良い業者です。信義を重んじる事業者であれば、偽装問題も起こりません。

 ホームページであっても、事業者・運営者の考え方が色濃く出るものです。じっくりと文章を読んでいただけるように、現在、特設ページなどを企画中です。
 回想録として、マンションGL壁の生活防音、ピアノ防音工事で信義に反して逃げた専門業者の件をとりあげます。
[PR]
by neo-diy | 2014-01-18 14:12 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy