取引先などに覚悟を確かめてみました

 私もいつまでもボランティアで取引先などの手伝いはできないので、今後の件について意思表示しながら、努力するように促してみました。

 無視されてしまいました(苦笑)。。少しでも前向きな返事を期待したのですが。何も反応がないです。

 それに比べて、職人たちの反応は単純です。できそうなことは「分かりました。」と返事がきます。できそうにないことは「自分には無理です。」とあっさりした返事でした。
*わかりやすい意思表示で良いと思います。中途半端な返事は相手に期待を持たせるだけですから、かえって対応が遅れます。

 私も、ちょっと遅い50肩になり、目も疲れやすいうえに、家族の介護手伝いもありますから、行き過ぎたボランティアは、そろそろ終わりにしたいです。
*取引先には、もう十分手を差し伸べてきたと思います。

 多少、事業・ライフスタイルが違っても、ウェブサイトの活用や無料相談などの活動は、今の時代、不可欠だと私は確信しています。
*防音職人のメインサイトをサポートしてくれる知人も、提携先の親方の相方も同様な意見です。
*先輩の建築士も、できることならウェブサイトの営業で受注したいと言っていました。

 一番大事なのは協調性であり、自分のできることを明確にして、努力目標を表に出すことです。そうしないと相手には見えません。
 意思表示がなければ、一緒に連携もできません。

 私はできる限り、紹介できる案件に配慮し、手助けしてくれる知人には、なにかお返しができないか考えてきました。もちろん、基本は変えるつもりはありませんが、今後は付き合い方を見直したいと思います。

 打てば心に響くかどうか、それが重要です。響かない人もいますから、見極めたいです。
[PR]
by neo-diy | 2014-03-24 08:25 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧