様々なレベルに合わせてウェブページを備える

 最近、XPからwin7,8のOSがインストールされたPCに交換された方が、メールソフトの使い方もわからないので、返事の都度、メールフォームから返信する人がいます。
*それもメインサイト本体のフォームは認証記号の記入があり、よくわからない、使いにくいということで、FC2のレンタルフォームを付けました。

 そうしたら、使いやすいということで、なんとかメールのやりとりができるようになりました。私はこれでも結構だと思います。PC初心者はまだまだ多いと思いますので、使いやすいレンタルCGIをつけて、コミュニケーションが取れるのならば、大いに活用したいと考えました。

 一方、あるレンタルサーバー・ドメインの運営メーカーが、無料のCGIサービスを来月をもって終了するということですが、これで大手で無料レンタルサービスを提供するのはFC2だけになると思います。
*現在、ホームページ関連サービスを提供する業者は、レンタルサーバーや有料のひな形と一体になったホームページサービスが主流で、ほとんどの業者が無料サービスからは撤退するようです。

 これはブログ、フェイスブック、ミニブログなどネットサービスの環境が変化したことが要因でしょう。

 昨年、あるピアノ防音室のお客様のピアノ教室のホームページを支援するため、いろいろとサポートしましたが、やはりホームページを作ることは敷居が高く、ブログの活用をお勧めしました。
*私のほうでカスタマイズして、CSSを一部書き換え、背景画像を入れました。
 そうしたら、運営されているブログのアクセスが順調に伸び、FC2のメールフォーム(無料サービス)をつけたら、問い合わせもあり、教室入会希望者の連絡ツールとしても機能しているようです。

 ブログはシーサーネットを選びました。それは無料サービスであっても、カスタマイズすると広告を非表示に設定できるからです。

 いまでは、このブログがメインサイトの代わりになっています。
リトミック・ピアノ教室

 私は、個人の主宰者が運営するサイトならば、このようなブログ中心の運営でも十分役に立つと思います。
[PR]
by neo-diy | 2014-04-03 09:10 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧