自分が俺が前面に出る人

 防音設計や建築設計の業界で、ホームページに自分の自慢話や写真ばかり載せる人は要注意の傾向あり。数多く打った弾が一つ当たっても「大成功だ・・」とPRする人が多いからです。
 やたらと、テレビに出ました。雑誌に掲載されましたとか。テレビや雑誌などは関係者に売り込んだり、宣伝費を負担したり、ノーギャラで出演することを条件に押せば、掲載や出演は可能です。

 テレビ番組、雑誌の編集関係者は絶えずネタを求めていますので、すぐに飛びつきます。私の知人も、そのような業者に飛びつき、一緒に仕事を始めたようです。
*あまり評判のよくない業者ですが。

 ホームページも誇大広告的な表現が多く、非常に品性のないものです。私の取引先の一つは、その業者のことを評判がよくないと言っていました。業界で悪評が流れているようです。

 事実、防音効果のほとんどない製品を画期的な商品と謳って販売している問題業者も「NHKなどの取材を受けました」とか、業界紙に掲載されましたということを前面に出しています。
 これは逆に、実績がないので、PRするにはテレビや業界紙、雑誌などを活用するしかないから、そうしていると言えます。このような輩は共通点があります。

 知人も私も開業当初の理念というものがあるのですが、年月の経過とともに、忘れていく人もいるのでしょう。魂のない商いはやりたくはないです。
[PR]
by neo-diy | 2014-05-13 08:56 | 仕事の回想・自分史 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧