ネットからリアルへ

 私の営業スタイルは、運営しているホームページへの問い合わせに対して、国立での無料相談または具体的な提案書をメールで提示することで、ネットからリアル(対面)へ移行することで契約に結び付けます。
*もちろん、メールと電話・郵送で契約することもあります。

 それだけ、私の運営するホームページには情報量や実例が多いものですから、実績・実体験としてリアリティがあるのだと思います。

 件数は少ないですが、私への依頼を前提とした、国立での無料相談は高い確率で契約になります。この時点で、相談者は相見積はされません。
 先日のご予約は、先に2社見積りと提案書を提示された現場でしたが、私の提案内容が2社とは異なり、空間的な制約をクリアできるものだったので、契約になろうとしています。

 ネットの情報は、私のパンフ・名刺そのものを兼ねています。そのものが営業ツールなのです。ですから、事業者としての説明を省略して、対面の段階では、対策や防音設計の内容にしぼって説明ができます。時間を有効に使えます。
 あとは、私の作成する見積り内容が折り合うかどうかです。私の様な零細事業者が、10年間で200件以上の案件を受注できたのも、ホームページ・ブログのおかげです。
[PR]
by neo-diy | 2014-06-23 08:11 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧