代休より、担当案件が優先

 契約者の新築業者の段取りの悪さで、資材発注がギリギリになり、明日からの休みが少しつぶれそうです。
*契約者は気の毒がってくれますが、本当に気の毒なのは契約者です。余計な心配をされるわけですから。
 新築住宅+防音室という、高価な買い物を無事完成させるためには、自分の担当外のアドバイスであっても、惜しみません。

 いつも思うのですが、住宅の新築業者のレベルの低さが問題ですね。

 さて、この件に加えて、遠方の小さな案件も動きだし、私の取引先は、ちょっとした繁盛状態です。だから、いつも知人の建築士や職人に言うのですが、安定した製品を老舗が着実に扱えば、必ず支持されると。

 老舗+良質な製品・サービスは、大儲けはないですが、確実な商いに結び付きますので、あとはPRや丁寧な説明対応で工夫すれば、必ずや施主や建築業者に良い評価を受けると思います。

 私もそう思い、契約者(お客様)がピンチになれば、当然、休日を返上してサポートするのが当たり前です。数多くある専門業者の中で指名してくれた契約者の期待に応えるのが本道ですね。
 代休の代休は、お盆休みにプラスして連休にしたいと考えています。
[PR]
by neo-diy | 2014-06-25 09:32 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy