空き地が分譲住宅地に

 近所で数年間、空き地(草むら状態)だったのが、ついに先日、造成工事や下水管などの埋設が行われ、区画割からして、戸建住宅を3~4棟建てる計画のようです。

 いままでは、夏になるとバッタなどの虫が沢山出てきて、それを捕食する鳥たちでにぎわっていましたが、それもこの夏で終わりです。
 国立市内の住宅地ですので、いままで住宅を建設していなかったのが不思議なくらいで、きっと土地取引が価格の関係で成立していなかったのかもしれませんね。

 近所で空き地や空き家状態の敷地が、これでほとんど姿を消しました。個人的には近傍に食品関係の良いお店がないので、パン・ケーキ、惣菜などのテイクアウトができると良いのにと思うのですが。
 なかなか商いの難しい街で、国立駅に近いテナントも最近、レストランが閉店するなど定着しないのです。

 圧倒的に戸建住宅の需要が多い街です。私の商い的には住宅が増えたほうが良いのですが、こうも自分が満足できる店がないと買い物が不便です。
 結局はこれだけ住宅が増えても、店の経営的には相当な特長がないと難しいのでしょう。

 こんなことを思いながら、昨日の防音相談の帰り道、うだるような暑さのなか、ちょっと遠い国立のドラッグストアにまで足を延ばしてみました。

 できれば、ポケット公園+「ケーキ・パン、惣菜」+喫茶店+住宅の一団が近所に増えると嬉しいです。
[PR]
by neo-diy | 2014-07-15 08:05 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧