商いの次の一手、決断

 良いも悪いも、今日明日には夏休み明けから9月中までの案件が決まる。それは見積り以前に、遠方の現場をお受けするか、辞退するかの選択です。
*職人の体力的、精神的な問題が大きいです。

彼らの決断を尊重しようと思います。辞退するなら、9月中までは仕事がなくても、自分たちが選ぶ道ですから、不平不満は絶対に言ってはいけません。
*私も最近、キャンセルなどのためく、ただ働きが多く、このくそ暑いのに休んだほうがマシだという気持ちが強いです。

私の様な零細自営業は、1か月~2か月程度の予約分がキャンセルになると、取り戻すのは殆ど無理です。
今後の業務スタイルを軌道修正していかないと成立しません。

 いままで、関東だけでなく関西、中部、北陸、信州、東北方面の業務を受けていましたが、今後は地元密着型を重視して、ウェブサイトや相談業務を徹底して構築していかなければなりません。
 準備には、数か月かかる見込みです。

 いずれは、スタッフも私も加齢とともに体が動かなくなり、無理が利かなくなります。すでに、そうなりつつあるので、今回、関西方面の2件をどうするか迷っているわけです。
 技術的には可能な現場ですが、職人が現場に行けなければ施工できません。

 今年の猛暑がかなりこたえているのは明らかであり、それは年を取った証拠です。

 焦っても仕方ないので、ぶれない選択をすべきでしょう。そして懸命に努力して、次の一手を打つべきです。
私は提携先にも取引先にも配慮して商いを進めてきましたので、これ以上の配慮は期待されても無理です。
 各々が懸命に努力して見れば、私が今まで提案してきたことの重要性が少しは理解できると思います。
*取引先も、今まで私が供給してきた注文、紹介案件の有難さがわかると思います。

 さて、周りが崩壊しても自分で仕事を作る方策を練らなければいけない時期なのかもしれません。今まで習得してきたノウハウ・技術を生かすべきであり、必ず期待してくれる依頼者が居るはずです。
 その人たちに向かって情報を発信するため、地元を中心にPRをできる限りしてみたいと思います。

 長い夏休みになるかもしれませんが、ただ休むだけでなく、自分の構想を実行する夏になるはずです。私の性格上、手をこまねいて、じっとしていることは絶対にありません。

 ウェブサイト以外に、業務の相談をお受けする有効なツールはないと思います。国立の駅前にオフィスでも構えていれば、ほかにも宣伝手段はあるのですが、ないものを求めても無理ですから、自分ができることに集中したいと思います。
[PR]
by neo-diy | 2014-07-30 07:30 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy