防音建材、資材の値上がり傾向

 現在、震災復興関係、東京都心方面のリフォームなどにより、建築材料が不足気味で値上がり傾向にあります。同時に一部の防音資材もすでに値上げ(定価を変えず、仕入れ価格を値上げ)されているため、末端の施工業者においては相当な差額が発生しています。
*防音材の通販サイトも値上げしています。

 これに消費税がさらに値上げとなれば、相当ひどい状況になるでしょう。新築、リフォームに限らず、計画のある人は、早めに専門業者に相談されることをお勧めします。
 見積りは必ず有効期限があり、それを経過すれば差額分が発生します。一般的な木材も値上げ傾向にあり、下がる気配はありません。
*ロシア方面を経由している輸入木材(欧州アカマツなど)が大きな影響を受け始めており、品不足と高騰が見込まれています。
 これに伴い、カナダ・北アメリカ方面からの輸入木材も値上げするでしょう。

 一方、国内の防音建材が原材料高騰のため、とくに遮音ゴム系製品において良質なものが減少しています。ゴム臭のある再生合成ゴムチップをプレス加工した製品が多くなり、性能は低下しています。価格は安いのですが、遮音制振性能が従来品より低く、木造防音には使えません。
 その代替として、アスファルト・高比重充填材混合品が期待されています。私も昨年から取引を始めましたが、防音効果は良好です。木造住宅の生活防音や楽器防音室に向いています。

 遮音ゴムを取引している業者が不誠実な商いをしているので、この製品の取引量を減らし、上記の製品を増やしています。
 見積りなどの面で苦労していますが、別の取引先とも相談しながら、他の仕入れ先を探したいと思います。

 また、朗報ですが、木材の繊維を加工したインシュレーションボードの使用を併用し始めました。防音材を減らして音響・制振性能を向上させる設計・施工です。
 私も防音設計をバージョンアップさせています。手をこまねいているわけではありません。
[PR]
by neo-diy | 2014-09-12 08:22 | 住まいの防音 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy