経費節減、見積りに苦戦

 昨日まで、非常に苦労して案件の見積りを、自分の経費を削りながら提示してきました。出来る限りレベルを落とさないぎりぎりでの工夫でした。
 しかし、依頼者の予算まで落とすことができず、すべて保留となりました。昨年よりも私の経費を削っても消費税分でくわれてしまい、工事費用とセットでは厳しい状況です。

 一方、政治屋どもは、不正支出のオンパレード、民主党政権も自民党政権も大差ありません。同じ穴のムジナとはよく言ったものです。不正行為をしたものは政界を引退して、いざぎよく不正分を国庫に返すべきだと思いますね。

 我々、零細事業者は、帳簿や領収証を厳しく仕分けして整理して、確定申告に提出するわけですが、だいたい帳簿をごまかすのは、不正以外の何物でもないです。税金で生活している議員や公務員は不正行為をした時点で退職すべきです。

 今年の民間企業、とくに中小企業はボーナスどころではなく、建築業界は正社員から契約社員にされる人が多く、本給さえ目減りしているような状況です。
 これで来年消費税率を10%にするとどうなるか、予想以上に厳しい環境になり、倒産する企業が増えるのではないでしょうか。ますますデフレ的な傾向が強くなりますよ。

 私の場合は、もう経費節減の限界に来ており、もう削りようがない状況。あと削ることができるのは、無料相談で負担するコーヒー代、取引先などへのギフト代でしょうか。これを削ったら、人間関係はおしまいだと思っています。
 あと、取引先への支払いをすべて月末に回して、振り込み手数料を1回にして節約するぐらいですね。

 こんな厳しい状況なのに、一部の取引先は、大名商売を続けています。ほかの事業者の苦労が分かっていないと思います。

 私は取引先の景気はよくないと理解していますから、専属職人以外では、値段を下げてくれとは一度も言ったことがありません。
[PR]
Commented by nikoniko osaka at 2014-10-17 08:40 x
国民に対しては財源が税金の場合は残された孫の代まで請求がくるのに、政治家の場合はどうしてこれで済むのだ!といつも思います。
法人税を減税?日本を代表する企業・恩恵を受けた銀行が数パーセントの税金しか払っていないとは腹立たしいです。
Commented by neo-diy at 2014-10-17 10:20
まったく同感ですね。
自営業のことは、よく御存知だと思いますが、売上高(税込み)に連動して住民税、事業税、所得税、保険税などがかかります。
正直に申告して納税している零細業者は、馬鹿らしくなります。これに生活品に消費税がかかると本当に大変です。
by neo-diy | 2014-10-17 07:58 | 事業者向けネタ | Comments(2)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧