店舗系と住宅系のターゲット

 取引先や仕事の相談者に、どうしてマンションや店舗系の案件に力を入れずに、木造住宅(賃貸併用を含む)の仕事を重点として考えるのですか?と聞かれます。

 店舗系(マンションテナントを含む)は、営業上の制約があり、非常に工期が短く、我々の様なじっくり防音工事を行う業者には向かないのです。
 マンションも同様で、制約が多い割には予算も工期も少ないので、私の様な零細業者は工事とセットで受注することは無理があります。

 木造住宅など木造家屋の仕事は制約が少ないため、工期が短くても想定通りにリフォームができることが多いのです。また、依頼者も大半の方が、じっくり工事を丁寧に進めることを希望されます。

 普通の業者は東京は圧倒的にマンションが多いので、マンションのリフォームを主なターゲットにしていますが、私はじっくり仕事をしたいので木造を主なターゲットにしているのです。
 それに大工職人2名+クロス職人1社+電気工事職人1名という小規模な態勢ですので、複数の現場を並行して動かすことはできません。

 ただし、私個人としてはDIYのコンサルティングも行っていますので、マンションでも木造住宅でも対応しています。知人建築士に応援を依頼することもあります。

 明日から2件連続で防音相談があります。そのあと、改造中のウェブページの作業スケジュールが決まると思います。

※注記:文中のターゲットは、想定するユーザー層(クライアントなど)を指しています。
[PR]
by neo-diy | 2014-10-23 07:58 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy