スーパーの「おはぎ」との比較

 私はシャトレーゼというメーカーの生菓子を時々買いますが、その中でもお気に入りは、国産の小豆ともち米でできた「おはぎ」です。単価はスーパーのものと殆ど変りませんが、味がまったく違います。
*スーパーのものは、なにか薬品の様な味がするうえ、砂糖をケチって甘さを出すためか塩味がきついです。それに、もち米が不味い。

 最近、子供たちが味覚がおかしいと言われていますが、大人も添加物だらけの食品ばかり食べると、味覚音痴になるそうです。

 私は山陰の浜田市で生まれ、米子市で高校生時代まで暮らしました。両市ともに魚など海の幸が豊かで、米子市は物流の中継地点、商業の町であったため、関西から九州までの食品が集まり、食生活は豊かなものでした。そのおかげで、味覚は敏感であるため、添加物の多い食品は初めのころは、体が受け付けませんでした。
 ところがです。だんだん日常的に食べれるようになり、いまでは、不味いと思いながらも、生活費の制約から仕方なく食べているという状況。

 その反動で、パンやジャム、生菓子を添加物の少ない店へ月に数回、少し時間のかかるシャトレーゼの国立店へ買い物に行くのです。
 賞味期限が短いので、買いだめができません(笑)。

 おはぎは、夕方買って食べ残すと、翌日の昼までには食べないと賞味期限を超えてしまいます。子供のころは、近所の店で和菓子を買うと、ほんとんどが2日ぐらいしかもたなかった記憶があります。うちの家族も同様だと言っています。40年前ぐらいの話ですが(笑)。
 若い人には実感がないかもしれません。
[PR]
Commented by nikoniko osaka at 2014-10-30 19:53 x
丁度店と自宅の帰路にあるので今度、シャトレーゼの”おはぎ”買ってみます。
添加物の味わかることあります。惣菜弁当は顕著です!子供のころから食べているウインナーわかりませんよね。元々それしか食べてないから…こんな味だと思っていたわけですね。
主人は浜田から山を越えた大朝出身です。
両親が浜田へは魚を買いに行くそうです。
私も海水浴で行ったことあります。いいところです。
Commented by neo-diy at 2014-10-30 21:02
懐かしいローカルな話ですね。浜田の業者は、米子の業者に比べて純朴で比較的安心できます(笑)。
大朝の人たちも浜田の人も似てます。自分の出身地が、すさんでいくのは東京都と同じです。人情が薄くなりました。
Commented by neo-diy at 2014-10-31 07:21
補足。
すさんでいくというのは、米子と東京の話であり、業者のことです。上記の文章が少し変でした。
by neo-diy | 2014-10-30 07:57 | 食品・料理の話 | Comments(3)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧