費用対効果と資材費用

世の中、東京でも景気はよくなく、今年のボーナスをあてにしてリフォームを計画しているかたも多いと思います。ただし、他の専門業者の半分の金額で高い防音効果を期待されるのは、基本的には非常に難しいことです。
しかも、一般の木材製品が値上がり始めている中での見積りは非常にリスクもあります。

防音職人では懸命に費用対効果を追及していますが、内装を解体して初めてわかる問題までは見通すことは無理です。防音工事は万能ではありません。
そこで、通常は段階的な対策を提案することが多く、楽器の防音室以外では特にそのように勧めています。例えば3つの部屋を防音工事したい場合は、まず1つをやってみて効果を確認したり、問題点を見極めてから、続きを考えてくださいという具合です。

このご時世に、大規模なリフォームを実行できるような予算を持っているかたは非常に少ないと思いますので、ぜひ段階的な対策をお勧めしたいと思います。

資材や防音材も値上がり傾向の中で、私もできるだけ早くご契約をいただきたいのですが、上記のような主旨で段階的な提案が現実的なところだろうと考えています。

まずは防音相談から始めてはいかがでしょうか。

[PR]
Commented by nikoniko osaka at 2014-11-07 19:36 x
こちらから、連絡しました。
いつものアドレスに2度メールを送ったのですが、届きませんでした。
何故でしょう?
Commented by neo-diy at 2014-11-08 06:53
テキストのメールは着信していますので、たぶん使用しているプロバイダーのメールサーバーが許容量が小さいのでしょう。
ウェブサイトのドメインのほうの別アドレスを送信しますので、お手数ですが、再度試してください。
by neo-diy | 2014-11-05 08:32 | 住まいの防音 | Comments(2)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧