国内自給率と官民対策に想う

バター不足で、クリスマスケーキも値上がりするかもしれない?とか、ささやかな日常のお菓子も値上がりまたは品質低下が懸念されますね。
これは食品だけに限ったことではなく、国産の林業衰退化が輸入材への過度の依存状況へと移行し、国外情勢や円高・円安などの変動に左右される構造は、望ましいことではありません。

景気回復や市井の暮らしの安定化は、国内産業の安定化に密接に関係します。農林水産業など国の基盤産業への無策状態の中、政治屋ども利権・保身のために強行される国政選挙。棄権せずに怒りの投票を行うことは国民の義務です。

学校給食の国産食材は悲惨な状況です。
私が子供のころの学校給食にはクジラのフライや竜田揚げが出ていましたが、そのころは野菜の大半は国産でした。いまや、信頼できない輸入野菜や魚介類などが学校給食、仕出し弁当、コンビニ・スーパーの弁当に溢れています。

江戸前の佃煮と謳いながら、中国産などのアサリが使用されているのには驚きました。それは江戸前ではないだろう!このようなインチキ業者が存在する油断のならない世の中です。

一方、最近は、農協などを通さずに産地直送便を商いとするホームページも増えてきました。生産者は努力するなか、国内産業だけでも問題は山積しているのに、農協や政治屋どもは誰も政策としてPRしません。展望のない目先だけの利権に飛びつきます。

お歳暮ギフトも信頼できるものを選ばないと、上記の佃煮のように国産(国内で加工すれば国産と表示)であっても原材料は外国産という、とんでもないことになります。

[PR]
by neo-diy | 2014-11-30 11:59 | 食品・料理の話 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧