営業力を高める連携ができなかった

今年の当初は、ここまで消費・受注が落ち込むとは予想していませんでしたが、このような状態に備えて、取引先にはウェブページ上における連携構築を提案したのですが、応じた会社はありませんでした。
主な理由は、社長が了解しなかったことと、専従スタッフ不在のため手が回らないということでした。
*知人建築士には昨年までに私と知人が作ったホームページなどを渡しているので、本人は利益があります。

取引先の大半は建材メーカーまたは防音製品の代理店ですから、私の発注が増えれば増えるほど利益が上がります。私の提案を実行していれば、もっと受注できたはずです。
知人建築士の場合は、謝礼を払わない、知人の会社の商品も購入しないなど、義理人情とは無縁の人です。もらうだけもらって貪欲に生きてきたんでしょう。(申し訳ないので、代わりに私が知人の商品を購入し続けていますが・・・)
*とても私にはまねのできない生き方です。

取引先の共通点は、取引先に協力して自らも繁栄しようというコンセプトがないことです。むしろ、地方のリフォーム業者のほうが、防音材の専属取引を打診してきましたが、安定供給を保証できないので、やむなく辞退しました。
*それと取引先の対応に不安があったので、紹介することもできませんでした。

取引先は、重要なデータや製品を一部保有しているので、私は現在まで取引を継続してきました。経営者の人間性には問題があるのですが、私の担当現場の費用対効果を確保するため付き合っています。
*私が全ての情報を手元に管理したり、資材発注ルートを確保することは限界があります。

私は、昨年秋頃からの反省を生かしながら、新しい取引先を一つ確保しました。これは収穫でした。

不景気になると、事業者としての人間性がはっきり見えてきます。目先の利益しか考えない人。中長期的に未来を見据えて付き合う人など、色々です。ですが、なかなか良い人材に遇うことができません。

[PR]
by neo-diy | 2014-12-02 08:36 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧