イメージ構築を始める

昨年12月の下旬に難問の現場の下見に行き、正式な予約をいただきました。
さきほどから、打合せのメモや現場写真を見ながら「イメージトレーニング」を始めました。頭の中で、現場で実測した施工しにくい寸法をもとに、対策仕様と製品の厚さを組み合わせて検討するのです。
*パッキン6ミリ+シージングボード9ミリ+遮音材3ミリ2重張り+仕上げなどというように頭の中で制約条件をクリアできるか計算します。

 このような判断ができないとマンションの難しい生活防音はできません。現場で見込みを依頼者から質問され即答できないようでは防音施工は無理なのです。
 いくつかの方針を頭の引き出しに入れて現場に伺うのです。想定した方針が足りない場合は、その場で異なる組み合わせを計算して空間的に対応可能か見当をつけます。

 そして持ち帰ってから具体的な見積りを作成し、回答を返信します。その作業が6日から始まります。着工目標から逆算すると今週には見積りを決めないと間に合いません。

 今週は、初詣のほか、雑用がいくつかあり、使える業務日数は3日間です。上記の案件を含めて早急に答えを出すのが2件あります。

 イメージ構築は食後にコーヒーを飲みながら始めます。納得できる見込みが一つできるとメモ用紙に箇条書きにして残します。
 そのあとは、今日明日は休みですから、自由時間です。また、ネットで書籍の書評や概要を眺めたり、無料配信の映画を見ます。
*正月休み中は結構、無料で見れる映画があり、それに飽きたら手持ちのジブリの作品を見てます。
 仕事は遊びを含めて色々と気分転換をしないと浮かんできません。

 発想の引き出しを増やさないとホームページも対策設計も厚みが出ないんです。
[PR]
by neo-diy | 2015-01-04 08:52 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy