商才と身の丈

 知人のことですが、つくづく商才のある人と凡人との差はどうにもならないと思いますね。いえ、悪口ではなく、私のホームページを助けてくれた知人です。

 この人はお父様が亡くなられて家業を継いだと話しておられましたが、ウェブサイトを含めて色々な手段をもって商いを繁盛させています。私よりも若いのですが、年齢ではなく商才と言ったほうが良いのか。
 頭の中がシステマティックであるのか、企画や事業運営の課題整理がうまいのかもしれません。

 私は全く逆で商才はありません(きっぱり、笑)。事業構造を構築することがうまくなく、課題は一応いくつか分析できるのですが、加齢的な体力の低下もあり、ほぼ体力的に実行できそうにありません。
 自分の身の丈ほどの内容にしぼり、何かを諦めるしかないでしょう。11年前に比べると集中力が低下しており、実務能力が落ちました。

 今月までは専属職人の利益を優先して受注してきましたが、そろそろ限界です。累積赤字になり、採算割れしています。事業構造を早急に改善し、立て直さないと危ない。自分の構想・技術を生かした事業ができないなんて、なんとも歯がゆいですが、一人の力では限界があります。

 もともとコンサルティングが得意で、目の前でラフスケッチを示しながら依頼者に説明することが得意なわけですので、むしろ建築業者を含めて指導することのほうが早い。そのほうが複数の案件を同時進行できるんです。
 専属チームの現場にこだわると月に1~2件をこなすのが限界です。

 ただリスクもあります。能力の乏しい施工業者に当たると、余計な手間がかかり、業務量が低下します。この点は、自分の身の丈を忘れないように、しっかり選別していく必要があります。
 自分の器を自覚しつつ、長所を生かすことが今年の目標です。ほんとうは誠実な建築業者と提携できるとうまくいくのですが、良い人材を見つけることができていないのは、自分の不徳の致すところだと思います。
 なんとかやらねば。
[PR]
Commented by nikoniko osaka at 2015-02-13 23:04 x
求人しても来ない。来てもすぐ辞める(特に女子)それが、コミュニケーション(接客)が苦手といいます。
受付は募集するのは止めました。
人をつかうのは難しいというのは親を見てきたので
良くわかって気を付けているのですが・・・・
賃金を多く出せば、解決すると思いますがなかなか・・・です(^^)
Commented by neo-diy at 2015-02-14 09:05
確かに人を雇うのは難しいです。私なんか専属職人の受注や指示だけでも、疲弊していますから(笑)。最近は報酬に関係なく男性の根性無しが目立ちます。職種にもよるのでしょうが、真面目な女性が知人に多く、私の評価では女性は根性があり生活力があるという東京でのイメージですよ。
*みんな30代以上の比較ですけど。
by neo-diy | 2015-02-12 09:22 | 暮らしの雑記 | Comments(2)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy