会社を辞めて開業するかたへ

 時代が悪い、政権が悪い、政治屋が悪いとぼやきながら、会社を辞めざるを得ないかたが結構居られると思います。
*私も約12年前、国の行財政改革の影響を強く受け、従来の担当していた仕事がほとんどなくなり、自分がいた業界に見切りをつけて再スタートを見切り発車しました。

 不幸中の幸いというか、競合する専門業者が少なく、作ったホームページも想定していたキーワード検索で上位にとどまり、開業の翌年から仕事の問合せがくるようになりました。
*しかし、準備資金が底をつき、相当苦しい(いまも苦しいですが・笑)生活でした。

 現在だったら、そう簡単には受注できなかったと思います。競合する業者が11年前に比べて格段に増えているからです。ほかの業者よりも頭一つリードするということは並大抵の努力ではできません。
 しかも、看板や後ろ盾がなければなおさらです。

 もし、建築の分野で開業しようとしているかたが居られましたら、まず次のことを留意してください。
・仕事がなくても、少なくとも1年ぐらいは生活できる運転資金を確保すること。
 ※私の場合は半年分しかなく、本当にギリギリでした。今の状況は、もっと厳しい。
・仕事の面で提携できる事業者仲間を作ること。
・ホームページを会社パンフ、名刺代わりに用意しておく。会社勤め時代の実績でもいいから、業務実績として詳しく記載すること。
少なくとも、この3つは準備してください。

 ホームページがすぐに準備できない場合はブログでも仕方ないのですが、建築業者の場合は、ホームページのほうが信頼されると思います。ブログ運営はセットで考えてください。

 ホームページは独自ドメインを取得して、有料のサーバーで立ち上げることが基本です。わからなければ、詳しい知人に教えてもらうか、PC教室で学んでください。
 会社を辞める前に準備すべきです。短期間ではキーワード検索で出てこないからです。

 余談ですが、取引先の建築士が新しい製品を開発中でもうすぐ販売にこぎつけそうだと言っていました。そしたら、うっかり?ホームページで宣伝しないといけませんかねぇと電話でつぶやいた・・・先日、ホームページのことは放っておいてくださいと言ったばかりなんですが(笑)。

 もちろん、取引先に販売してもらえばいいのですが、ホームページを併用すればベストです。

 うらやましい性格だなと私は思いました。図太さも自営業には重要なのかもしれません。
[PR]
by neo-diy | 2015-03-07 11:13 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧