依頼者を選ぶことは出来ない

 このところ男性の依頼者の件、すべてキャンセルや保留になっていましたが、昨年の件、1つ注文が復活しました。しかし、保留の件は、休日を含めて3日と半日間かかっていますので、このまま中止になると痛いただ働きになります。
 依頼者は専門業者を選ぶことができても、私のほうは順番に相談を受けて検討するしかないので、余程の問題がない限り、順番を変更することはありません。

 もちろん、みなさん悪気はなく、会ってみると善人であることが分かります。しかし、昨日の記事にも書きましたが、見通しが甘い男性の相談者が多く、私のほうは防音効果重視で見積もってくださいと言われれば、そのように対応するしかないのです。
*それでも費用対効果は他の業者よりも高く、総額も抑えてあります。

 女性の場合は、依頼者イコールプロの演奏者であり、ピアノ教室の先生であるので、他の専門業者と比較して提案内容の中身で選んでくれます。今まで見送った件は、女性の場合は予算と施工時期の問題です。
*費用対効果そのものは評価してくれています。
 やはり、演奏者や自分で防音室のことを勉強している相談者でないと、提案書の価値を理解していただけないことが多いようです。

 今年の契約案件は、半分は男性ですが、このかた達はプロのミュージシャンであったり、自分自身が演奏する防音室について他の業者と提案をじっくり比較していただいた人です。

 と言って、ご予算を実際に捻出するのは一家の主ですから、一般家庭の場合は仕方ないのですが、お子さんが将来音楽大学を目指すという事情がある場合は、もっといろいろな事例を調べていただいてから声をかけて欲しいと思います。

 そんなわけで、私の時間と労力はもう戻りませんから、予定通り「防音戦記」「特設ページ」づくりを再開します。もっと自分の取り組み内容を知っていただくだけでなく、幅広い選択肢につながる道を示していくしかないのだろうと早朝から考えました。

 なぜでしょうか。最近はDIYを含めて女性の相談者が増えております(笑)。決して男性の依頼者を避けているわけではありませんよ(笑)。誤解のないようにお願いします。
*ただ、女性には甘いと昔から言われますので、反省すべき点はあるかもしれません。

 今さらながら、自営業って難しいです。良い面は自分の判断で休日をとれること、人様の顔色ばかりうかがう必要がないことでしょうか。利益重視型の人は自営業はやめたほうが良いと思います。
063.gif
[PR]
by neo-diy | 2015-03-24 07:40 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy