リスクを想定する

 何事も万能な製品とか対策というものがあるわけではないので、いろいろなリスクを事前に想定して見積りや提案書を作ります。
 しかし、依頼者の性格や想定外のリスクまでは予想できないので、何か起きた場合は、内容に応じて自分が負担するように考えています。

 たとえば、契約時に作った見積りにしたがって職人に計画を説明し、同意のもとに進めるわけですが、契約以降に予算が変更になると削減された分は私が負うことになります。
*それが専属職人関係のリスクです。

 そうしないと、施工担当の士気が低下して影響が出るからです。普通の業者なら、施工チームに応分の負担を求めますが、それはあくまで予算が十分にある場合の案件です。

 知人業者は対応が2つにわかれるそうです。事情を説明して代表者と施工チームの親方が折半して調整する場合と知らん顔して施工チームの様子を見ながら考える人。当然、前者のほうが真っ当な対応だと思いますが、私の場合は、大半は自分で何とかします。
 だから儲からない(笑)。これは経営者の性格によると思いますが、私は仕事の中身以外で調整することを嫌うので、はっきり自分の中で対応を決めます。

 契約を交わしてから、ごちゃごちゃ言われるのも、言うのも嫌いなので、依頼者に迷惑をかけないで、出来る限り自分がかぶります。知人建築士のように、自分が負担しないという道はあり得ない。気持ちとしてはわかるが、現場の士気を下げれば、もう職人は本気で言うことを聞かなくなる。
 難しい現場を無事に遂行するには、自分が責任を持ってかぶるのが最良と思っています。

 今回のケースは、差額を負担する予定です。しかし本来は契約締結後に、一方的に金額を変更するのは問題なのですが。私が依頼者の性格まで読めなかったので、仕方ないと自分で言い聞かせています。

 ここからは愚痴ですが、女性の依頼者のほうが予算を変更することはなく、潔いです(笑)。その代り、納得されるまで、期限ぎりぎりまで検討されます。
 なんか、最近は女性のほうが男性化してきている感じがしますよ。見た目はかわいらしく、やわらかい言い方なのですが、決断の仕方は昔の男性に近い気がします。

 今後は、出来る限り自分のリスクも減らせる事業メニューを作りたいと思い、昨日、メインサイトにアップしました。そのうち、昨日作った特設ページなどを色々なウェブページに貼り付けてPRしていくつもりです。
*昨日作った特設ページ:木造防音室なら改善できる

063.gif
[PR]
by neo-diy | 2015-03-30 07:56 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy