あほらしくなる相談の件

事業者である前に一人の人間として頭に来ることがあります。

ウェブサイトの注意事項を無視したり、電話での問い合わせ中に質問したら、いきなり結構ですと電話を切る人が居ます。論外です。
*こちらは事情や状況が分からないから想像しながら質問しているわけですから、そんな気の短い人は何も問題は解決せず、失敗するでしょう。自業自得です。

電話でせっかちに質問する人は女性に多いです(笑)。でもこちらの質問に対して答えを保留する人も多いです。正直に説明していただかないと判断できないし、納品の場合は正確な送料が計算できないので住所をお聞きするわけです。なにも女性の住所を趣味として知りたいわけではないです(笑)。
*仕事以外には全く関心ないです。
*2トン車がアクセスできない場合は納品できないこともありますので確認するのです。

男性は、とりあえず無料で聞けるので電話するというパターンが多く、その後メールでの問い合わせをする人は、女性に比べて少ないです。
本当に性別で傾向が分かれるので面白いです。ですが、決断は女性のほうが早いです。これは最近の傾向です。

私も10年前に比べたら、これでも気長になったほうで、10年前でしたら、こちらから即行でお断りすることもあるような内容でも、最近は出来る限り対応するように努力しています。

今月は、不誠実な件は流して、本業に集中したいと思います。
*本業は防音設計・施工です。子供電話相談ではないです(古いですが・・・)。

[PR]
by neo-diy | 2015-05-14 08:10 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy