短絡的なネット利用動向は意味がない

新製品が発売されると、すぐに需要動向が短絡的に出される。スマホの新製品がそうである。テレビの時代が終わったなどとネット上に配信されるが、そうじゃないでしょう。

PCのwin10のバージョンアップや搭載マシン発売が近づいてきましたが、これによってまた新たな需要が掘り起こされると思いますね。
ブログやホームページもスマホに対応しているし、作り方が大きく変わるわけではない。最新のHTML5でさえも、これが主流になるのはあと何年かかるのだろうか。古いスクリプトはいまだに多く、静的なHTMLのウェブサイトも数多く存在し、普通に見れます。

需要やネットのウェブサイトの世界標準への切り替えも急に行われるのではなく、従来型も併存することになるわけで、少しずつ切り替わっていくと思います。
OSだって、まだXPが数多く存在し、古いブラウザを使用しているユーザーもいます。
ただwin10は今までの公開情報から見ると、かなり期待できそうです。

搭載マシンの需要にも大きな影響を与えるし、スペックの低いPCにこだわる必要もないです。
スマホ利用者はあくまで、電車移動や勤務先の休憩時間帯などに利用することが多く、在宅時や勤務時間帯はPCを使用することを考えれば、ウェブサイトに関しては、大きく変わることもないと思います。

テレビも利用者が大きく減るわけでもなく、スマホ+PC+テレビ利用という人が増えるだけではないでしょうか。大きなディスプレイで見るという行為にスマホが対応できるわけないのですから。それに挙動スピードも違います。ソフトにもセキュリティにも制約があります。

私の場合は、スマホでアクセスする人の受注率は低く、注意書きも読まないで問合せする人が多く、対応する時間が無駄になることが多いので、やはり大きな画面でじっくりコンテンツを読んでくれる人が主な対象となることに変わりはありません。
私が事業を続ける当面の約15年間はPC利用者が主な依頼者となると思います。ブログだって進化すると思いますので、新しいタイプのブログが登場するかもしれません。
すでにCMS型のブログの雛形が数多く登場しています。


[PR]
by neo-diy | 2015-06-03 07:46 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧