借りは十分に返した

今年の8月15日で、防音職人(屋号)として自営業を11年間行ったことになります。

草創期はとくに依頼者に経理上の工夫やホームページの書き方などアドバイスを受けました。また、取引先には製品を色々と紹介してもらい、取引の道筋をつけてもらいました。
これらに対して、いろいろな形で私なりに借りを返すように努力してきました。

知人建築士には仕事を紹介したり、ウェブサイトを作って渡すなど、十分に借りは返したと思います。
いままで、防音材を廉価で支給してきたのは、自分なりに社会に還元する意味があり、必要以上に儲けないという流儀で商いをやってきました。
これからも、たぶん基本は変わりないと思いますが、この夏、思ったのは体力的に思うようにならないという感触です。
無料相談も、今までの様には実施できそうにはないので、曜日を決めて無料の電話相談を定期的に行おうかと検討中です。国立駅までの徒歩でのみちのりは約19分かかるのですが、この猛暑は結構こたえます(笑)。

それに経費もタクシー代やコーヒー代など、今年提出した確定申告の収支計算表からも問題点は見えていました。通信費、ウェブ関係の経費なども加算すると、年収に対してかなり負担となっています。
接待費としての飲食代やギフト代も、知人建築士に比べると大分使っているようです。

もう、いいでしょう。十分に借りは返したと思います。

今年も売上高は伸び悩んでいますので、経費は削れるところは削るということになります。
夏休みなど連休中に、事業メニューなどを再検討したいと思います。

[PR]
by neo-diy | 2015-07-22 14:02 | 仕事の回想・自分史 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy