余りお金をかけなくてもウェブページで闘える

検索エンジンでキーワード検索するとき、単体でビッグワード(私の業界では、たとえば「防音」「音響」「リフォーム」など)だけで検索する人は、自分の目的を絞り切れていない人です。このような人は事業者サイドから見れば契約に結び付くことは少ないです。
*零細なウェブサイトでは、このような検索を意識した作り方は無理があります。

ときどき、電話営業でSEO業者が業界のビッグワードで検索する際、上位に必ず掲載されるようにサポートしますと言います。これに乗っかっていけません。
彼らは手段を選ばないだけでなく、コンテンツの質を軽視します。彼らには専門的な業界の知識や実情が分かりませんから、単なるキーワードしか見えません。
*電話営業を行う業者はレベルが低いです。

不動産業者や同業者?がときどき、私の運営サイトを見て、検索エンジン対策に力を入れていますね?と言います。彼らには本質が見えていません。
私が力を入れているのは、コンテンツの表現や実績、事例およびコンセプトの解説です。それとブログにおける速報的な事例、エピソードの発信です。
*結果として、いろいろなキーワードで検索する人にブログなどの記事がヒットするだけです。

では、知人の会社を含めて、我々の様な零細業者がウェブサイト経由で仕事の注文や相談を受けるにはどうしたらいいでしょうか。ピアノ教室のウェブサイトを活用するにはどうしたらいいのでしょうか。
方法はいくつかあると思いますが、本体サイトを構築したら、やはりブログと組み合わせて更新して、コンテンツ(インデックス)を地道に増やしていくことだと思います。

最近、知人や相談者にお勧めしているのが、jimdo+ブログの組み合わせです。無料で作れます。解説書も市販されていますし、ウェブサイト上に解説ページをアップしている人も居ます。ブログは、このエキサイトブログでも十分です。
私も10年前に、このことを知っていれば、利用したでしょう。

10年前に比べて無料サーバーや無料ホームページサービスは激減しましたが、一方でブログやクラウド型ホームページが増えました。自営業でも大きな力になります。
私はメインサイトを除けば、いまだにHTMLのべたうちをテキストエディターで作るという原始的?な手法で更新していますが、少数派でしょう。

とにかく、ウェブサイトのタイトルや見出しに重要なキーワードを含め、それにマッチしたコンテンツを拡充していけば、自然に検索エンジンにヒットします。
中身が勝負だと思います。電話営業の専門業者にのせられてお金を無駄にしないように注意すべきだと思います。
急いで、自分の屋号やウェブサイトをPRしたい人は、とにかくブログを活用することが近道です。カテゴリーを適切に設定し、カテゴリーごとに中身重視で投稿することです。
とくに重要なのが、日常的な仕事などのエピソードを地道に発信することです。
潜在的なユーザー、依頼者は、真面目にまっとうに商いをする姿を見ています。それが信頼につながります。ブログには運営者の考え方そのものが表れます。

[PR]
by neo-diy | 2015-10-24 07:54 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy