ブログ記事は防音対策の入り口である

住まいの防音対策、木造の防音室など、巷には誇大広告が溢れ、インチキ業者が乱立しています。
知識も経験もない住宅の新築業者が安請け合いで防音室を施工して問題を起こすなど、トラブル事例をあげたらきりがありません。

一つ一つを告発したり、警鐘を鳴らすのも限界があるので、私はブログの数を増やして関連記事を投稿するということにしたのです。
知人には多すぎると言われますが、ブログには特徴があり、ご存知の方も居られると思いますが、検索エンジンに対する備えに違いが見られます。
*ドメイン、ひな形などが影響を与えます。

私は広告がないもの、小さいものを重視して使っています。
*サーバーの有料サービスについているブログ、wordpress.com、シーサーネットのほか、エキサイトブログ、ライブドアブログがお気に入りです。
*広告は多いけど、検索エンジンに比較的強いアメーバーブログも好みは分かれますが、使い道はあります。
これから、ブログを始めようと考えている自営業の方、出来る限り広告のないもので、ひな形やフリースペースをカスタマイズできるメーカーを選ぶことをお勧めします。

話がそれましたが、最近、我慢できない誇大広告を見つけました。
「マンションの天井騒音(足音、落下物の衝撃音など)に、防音製品を貼り付ければ、大幅に音が小さくなる」というもので、自社の取り扱い製品の誇大宣伝です。
*この業者は、検索エンジン広告やSEO対策に力を入れています。防音材通販サイトです。
この業者の問題事例に関する記事を以下にご紹介します。
防音商品(コルクマット) ※クレームが多くて、この業者は製品広告を削除しました。
マンション天井騒音対策の誇大広告

そのほか役に立たない「遮音シート」や、床に敷くだけで騒音を解決「防音カーペット」のほか、喘息やアレルギーの人には危険な「グラスウール・ロックウールをガラスクロスで包んだ吸音マット」など、誇大広告やリスクのある製品を販売しています。

なお、マンションの天井防音が最も難しい理由は以下の記事に掲載しています。
マンション天井防音の鉄則
この内容を通販業者や一般の建築業者が理解できるとは思えません。成功実例もウェブサイトには出てこないわけですから、理由は明らかです。

一つ一つ叩いても切りがないので、私は複数のブログで関連情報や実例を発信しています。

またまた余談ですが、11月下旬から12月中旬にかけての案件がキャンセル・中止になりました。
担当職人は、がっかりしていましたが、前を向いて自分で仕事を見つける努力をしてほしいと思います。
*私は彼もブログやホームページを作って情報発信を行うべきだと思います。

最近の若い大工職人は、ブログやホームページを運営している人も増えてきました。そういう時代です。

12月下旬に予定していた木造防音室の件は、無事依頼者のリフォームローンの審査が通り、予定通りの着工見込みです。このかたは、私のブログ記事を見てから問い合わせをされた依頼者です。


[PR]
by neo-diy | 2015-11-19 07:41 | 住まいの防音 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧