ネコも食べるところがない

私は東京というか、現在の住まいの地元で飲食をすると、行きつけの店のマスターからよく、「○○さんは、魚でもきれいに食べるので、猫も食うところがない。」とよく言われました。
*昼間は定食とコーヒー&ビール、夜はスナック&コーヒーという店でしたが。

私は学生時代とくに貧乏だったので、食事は残さず、きれいに食べるという習慣が身についています。大学の恩師も、常々、食べるものはとくに大事にしろと言っていました。
*ゼミの合宿でも、打ち上げの席でもそうです。

家族はそうでもないので、これはやはり若い時の習慣がどうであるかで決まると思います。中年になれば人の言うことなんか聞きませんから、なかなか直るものではない。

最近特に三食きっちり食べる習慣ができているので、風邪もほとんどひきません。
なにかのニュースで、最近の子供だけでなく、若い親も食べ残しが多く、食べるものを粗末にする傾向が強いと言っていました。

昭和の時代、子供のころ、給食を残すと担任の教師に怒られました。全部食べるまで外には出さないと言われ、無理して嫌いなものも食べた記憶があります。
*パンは鞄のなかに隠して持って帰り、犬にやってました(笑)。

我が家では、残飯が殆どないのが自慢です。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-27 07:54 | 食品・料理の話 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy