差別化しながらメニューを構築

今日は月末ですから、私の場合は、請求書が届いた件は依頼者から入金がなくても、取引先にすぐに支払います。本来は月末締め、翌月支払という契約なのですが、取引先の一部はすぐにもらえると期待しているようです(笑)。

先週、遠方から身勝手な相談の問合せがありました。非常に手間のかかる見積りなのに無料相談でお願いしたいというものでした。ウェブサイトには国立までお出でいただけるかた限定のサービスと明記しているのに。しかも、この人はテナントを経営する自営業者です。一般個人の相談とは異なります。

テナント経営+男性の事業者という相談パターンは非常に多く、いままで全滅しています。結局、今まで成功した自営の経験があまりない場合が多く、経費を切り詰めることしか考えない。私の都合などお構いなしです。
*男性でテナント経営(お店など)する人で、有料コンサルティングを希望されるのは、親の代から引き継いでリニューアルするケースです。先代の苦労も人様の労力も理解している人です。

上記の身勝手な要望ですが、やんわりお断りしました。たぶん、もう連絡はないと思います。人様の労力の価値に気づかない限り。

先週は急ぎの発注とメールの返信だけで忙殺されました。今日からようやく、予約・契約案件の作業に集中します。

概ね、DIY対策のリクエストが多く、それは経済的な問題と、この時期、大規模なリフォームは時間的に年内完成に間に合わないという事情もあります。

先日も書きましたが、この時期は今までの成果を確認しながら、種まきをすることが重要です。差別化を図るための自営メニューは、表現上の工夫など戦略的な視点が必要です。
もちろん、人様の苦労を理解できる相談者の心に届くようなウェブサイトの更新、ブログ記事の発信が中心です。

ちなみに、自営業や零細企業の苦労を知っているから、私は早めに取引先に代金を支払うことにしています。
*2件、せっかちに納品や説明図を要求されていた依頼者の連絡が途絶えました。入金も未だありません。ある人が言っていました。育ちの悪い大人はそう簡単には変わらないと。自ら自分の未来を閉ざすことになると思います。

[PR]
by neo-diy | 2015-11-30 07:50 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧