予想外の案件などできごと

私がウェブサイトの更新など手作りの作業を始めると、なぜだか急に難しい相談が来ます。先週もそうでした。消えかかっていた予約が、新築業者が防音室の施工を辞退したため、急きょ私の設計・施工という契約を前提に動き出しました。
*内容が新築業者には難しい割に採算がとりにくいということで施主が私のほうへ契約を一本化することで、再見積りになりました。着工は来年の2月ですので、我々のチームの現場入りは春になると思います。

それはそれで嬉しい誤算になるので、職人チームは喜ぶと思います。問題は工程と予算調整、工事日程調整です。

それから、先週、無料相談だった件が、急きょ有料コンサルティングと職人チームによるDIYレベルの作業の相談になりました。
内容は、マンションの管理規約に違反したペットの鳴き声クレームで、管理組合の理事長名で勧告書が届いたのですが、至急防音対策をするか、ペットを処分(知人や親族などに渡すか、里親を探す)するように勧告されたということです。

それで、処分はできないので、防音対策で対処したいが、予算があまりないので、内窓をつけたり、その他の方法でなんとかしたいという相談でした。勧告書を無視すると大変なことになりそうなので、まずは防音対策を行う前に、私の所見と対策案を提案書としてまとめたものが欲しいと、それを理事会に提出し、理事長と今後の件、相談するという方向です。

私としては管理規約を守れない相談者には心情的には賛成できないので辞退したかったのですが、ペットの行き場がないということで、ペットがかわいそうなことになるので、今回はペットに免じて協力することにしました(笑)。
*ペットには、とんだ災難です。ペットには罪はありませんから。

結局、以上のような案件と契約案件のため、私の長期の連休(代休含む)は、またもや夢?と消えました。(長期の連休中にウェブサイトを作ろうと目論んでましたが)ほんとに不思議です。

[PR]
by neo-diy | 2015-12-07 08:57 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy