その時の需要に応じたウェブページ構築

低金利を背景に、銀行から資金を借りて不動産を取得し、自営の管理会社(合同会社など)を立ち上げて、アパート・マンションの賃貸住宅を運営する大家さんからの相談が増えてきました。

しかも、来年は消費税がまた上がる見込みですので、年内余計に、このような相談が増えてくると予想されます。
また、昔の下駄ばき住宅のような低層階に商業テナント、その上に住宅をのせたマンションタイプの賃貸経営もあります。
*階下の店舗の防音対策が前提となる業種もありますので、私にとっても低金利の政策は影響があります。

貯蓄をしても利子が付かない、しかし消費税は上がることが既定路線。自営業や会社系など事業者は、今年中に必ず動きます。
すでに、音楽教室やオフィスを自宅に併設する物件の防音予約が来ています。5月着工目標で調整中です。

きっと、確定申告が終われば、他の相談も出てくるでしょう。
このような比較的コアな需要というのは、その時代や政策背景を見ながらの判断が必要であり、それに対する特設ページ(ウェブサイト)の情報発信も求められるでしょう。

不景気や預金金利を嘆くのではなく、臨機応変な対策が事業者に求められているのは言うまでもないと思います。
私も確定申告が終われば、ウェブサイトの更新などに集中して取り組みます。
金太郎飴のようなSEO対策業者は不要です。

ウェブサイトの良いところは、その時の目的に応じて改変できることです。ブログやホームページの特設ページなどいくつかのやり方があります。手間はかかりますが、費用はあまりかけなくても出来ます。

[PR]
by neo-diy | 2016-02-11 08:43 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧