増えてきた音楽教室の対策依頼

現在、仕事関係のウェブサイト経由で増えている問合せ、無料相談の予約は、木造住宅の戸外騒音対策(低周波騒音、工場騒音を含む)とピアノ・ヴァイオリン・フルートなど音楽教室のための防音室、この2つです。

前者は近年変わらず一定量の相談があり、むしろ後者の自営業型音楽教室の開業あるいは持家取得に伴う防音室の建築です。

これは音楽教室の自営において、練習室を借りる経費を省きたい、生徒募集を増やして自宅において営業したいというリクエストです。
木造住宅に併設する場合は広さの制約があり、通常の専門業者の防音室では成立しないため、相談が増えていると思います。

世の中不景気であれば、経費を抑えて自営する人が増えるのは自然な流れであり、この需要に対応したサービスや手法を考えるのが専門業者の定石と言えるでしょう。

取引先の建築士が開発中の防音室および吸音ブースは企業の会議室での設置も視野に入れていますが、これは音楽教室の一部にセットすることでアンサンブル演奏にも活用できます。
*私の場合は個人の自営業向きに考えています。

大手企業に勤務していた私の依頼者が大規模リストラに遭い、退職することになりました。再就職できなければ自営業か合同会社を立ち上げて経営するなどの方法しかないです。
私の場合は、事業パートナーがいませんでしたので個人事業主として開業しました。

話を戻しますと、自営の音楽教室は経費を節約しながらも音楽活動ができる環境を造るということで、自宅を改造することが増えます。
この流れに沿った需要に対して、支援するコンサルティングを展開するというのが私流の考えです。

[PR]
by neo-diy | 2016-03-24 09:37 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy