身の丈ほどの暮らしを大事にする

最近、寝る前に本を読みながら次の予定や構想を考えることが多くなった。自分が楽しみながら作るウェブページでコツコツと情報を伝える。
国立での相談では、相手のご予算や将来の予備資金についても考慮しながら、無理のない提案をすることを心がけています。

それは自分の加齢とともに何が大事か、何に備えるべきかをトータルに考えるようになったからです。他の業者なら全部施工してくださいというところを、段階的に様子を見ながら、かつ将来のリフォームや家具・楽器などの購入を見通して、出来る限り資金は手元に残すことを勧めます。

自分だったら、どうしたいかと想定しながら、相手と向き合うようになりました。

最近、遠方から打診された案件がいくつかありましたが、連絡が途絶えました。結局、相手と向き合い、何が大事なのかを伝えきれない件は、消えていくのでしょう。
それは仕方ないことであり、自分の身の丈ほどの生活や案件を大事にして暮らしていくしかない。

無理をして背伸びしても、長続きしないので、自分流で歩いて行くことが良いと思います。

私は約束は破らない、信義を重んじて自分のスタイルを貫く、それで良いと思う。それを出来る限り、ウェブサイトなどに表現できればと、考えています。

昨日、予定通り、工事中の現場が完了しまして、来週から新しい現場(都内)が始まります。
おそらく、桜がちょうど満開になることでしょう。

[PR]
by neo-diy | 2016-03-25 07:31 | 暮らしの雑記 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧