ウェブサイトにはアイディアが大切

普通の事業者のウェブサイトだと、キーワード設定やコンパクトな説明文が重要と言われます。それは間違いないと私も思うのですが、業種や職種によって発想を変えなければならないと思います。

それは零細な事業者の小さなホームページを評価していただいたり、リピートして読んでいただくには、解説文などを長くなっても良いから、専門性と実績重視でじっくり表現することが必要だと考えるようになりました。
むしろ、コンパクトにまとめて情報を伝えるには、ブログのほうが使いやすいと私は思います。

同じような作り方やテーマ設定で構築すると、同業者などのウェブサイトの中で埋没するからです。
人それぞれの考え方、戦略があって当たり前ですので、これはあくまで私個人の考えです。
取引先や知人に対して押し付けてはいけませんね。

共通して言えることは、あまり定型で思い込まないで、少し柔軟な発想を加えて差別化できるようにすると、ウェブサイトも面白いと思います。
ウェブサイトは金太郎飴のようなものを作っても、閲覧者にはきっと面白くないだろうと考えています。
また、実績や実例を中心に表現することは、相談者への安心感につながると思います。
見かけのデザインばかりに力を入れる必要はなく、中身で勝負すべきでしょう。昨日の防音相談の依頼者を見て、改めてそう実感しました。

大型連休まで、20日足らずですが、それまでに出来る限り多くの相談をお受けするように努力しています。

[PR]
by neo-diy | 2016-04-10 09:13 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy