ウェブサイトの広告

最近、検索エンジンサイトやブログ広告に、怪しい誇大広告を見かけるようになりました。
*○○万円で効果抜群とか、無料登録でビジネスのノウハウを教えるなど。

無料とか安い費用で効果的なもの、信頼できるものなど基本的にないと思ったほうが良いです。
*私も無料相談を初回限定で行っていますが、これは相談者の対策方針を決めるために行う事前相談です。もちろん、この段階で問題が解決する人もいます。
私の場合は、いろいろな相談内容を情報として経験値としてストックする目的があるので、情報に触れる、世の中の需要を知るための活動です。

会員登録は個人情報の流用やスパムメール、DMにつながるので、慎重に検討すべきです。典型的なものが楽天会員です。多量のDMやスパム同然のメールがかなりの頻度で送信されます。

問題の広告は、これとは別の話ですが、特定商取引の法定表示もない怪しいものが含まれています。運営者の所在が明記されていない匿名サイトのようなものです。これは危険です。

一方、誇大広告ですが、私の業界では、ある大手の防音室専門業者が、ベーシック仕様で140万円という売り込みをして、契約段階で不安を煽るように、この件はもっとグレードをアップしたほうが良いと営業担当が何の根拠もなく、いきなり言い出し、高い金額の契約に意図的に誘導するものです。
契約時には250万円程度になる。
だいたい、営業担当に音響・防音設計の詳細が分かるはずもなく、ただ自社の製品や工事の値段を伝えるだけのフロントマンです。

だます方が悪いのは明らかですが、業者の看板の大きさや知名度だけで判断するユーザーにも過失があります。
ウェブサイトのコンテンツを自分だけでなく、家族や知人にも見てもらい、意見を考慮して問合せをしたほうが良いと思います。

[PR]
by neo-diy | 2016-04-24 10:38 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy