ウェブサイト関係は女性が向いている?

偶然なのか分かりませんが、私のお客さんであった女性のウェブデザイナーや電話で営業してくるウェブ構築・SEO関連の営業は女性の説明が圧倒的に分かりやすく、しつこくない。
*男性は殆どくずのような営業が多く、集客、集客と猿まねのように繰り返して言います(笑)。

なかには説明もせずに検索エンジン上位・集客・・これしか言わないで、人様の専門分野の特徴や運営しているサイトの特長を理解しようとしません。
大半がうるさいだけで、なにも心に響かない。

その点、女性は相手の空気が比較的すぐに読める担当者が多く、私の要求する内容に応えることが難しいと判断すると、失礼しましたと、すぐに電話を切ります。男性に比べて頭が良いと思います。

私はウェブ対策を依頼するなら、自営業の女性が良いと思ってます。それは比較的廉価で応じてくれるだけでなく、自営で出来る人は優秀であることの証です。
*二人ほど有望な人が居るのですが、一人は企業に属しており忙しすぎるのと値段が高めである。これは会社の受注単価が大きく影響しています。
もう一人はグラフィックデザイナーですが、ウェブサイトは余り詳しくなく、私のリクエストには限定的です。でも、一緒に作業をする場所があれば可能ですが、私のむさくるしい仕事場では無理です。

余談ですが、今日は午後から、防音室の相談打合せがあります。相談者は女性です。

私のホームサイトを半分構築してくれた男性の知人(会社の社長、元お客さん)は、忙しすぎて依頼できないという問題があります。この人は女性に囲まれた職場で仕事をしている、うらやましい?かたですが、私より一回り以上若い。デザインが普通の男性に比べて柔らかく、見た目がすっきりしたものを好みます。職場の環境によるのでしょうか。

デザイン的なセンスだけでなく、文章構築など国語能力が高い人が適任です。男性の営業マンの電話やDMを見ると国語能力に乏しい人が多く、業界の特徴のような気がします。
私に関しては偶然なのかもしれませんが。そんなところです。

[PR]
by neo-diy | 2016-04-30 07:47 | ウェブページ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy