魚の解説本を買いました

外食するにしても、スーパーなどで買い物、ネットで魚のギフトを注文するにしても、魚の見分け方や旬の時期など基本知識があったほうが良いと思い、初心者向けの本を買いました。

もともと海の近くの町(山陰)で生まれて育ったので、魚に触れる機会が多く、大半の魚は好きなのですが、名前も余り知らないで食べていました。
地域によって魚の呼び方が違います。たとえば、関東・関西では「あかむつ」と呼ばれる魚は、山陰・北陸では「のどぐろ」と呼ばれます。これはえら周りノドの部位が黒いため、そう呼ばれるのだと思います。(昔は庶民的なものでしたが、今では高級魚の仲間になりました)

関西では「はも」「あなご」を好きな人が多いですが、関東では「うなぎ」が人気です。私の育った山陰では「うなぎ、あなご」が圧倒的に人気があります。
*はもは小骨が多く、調理がめんどうです。

磯釣りで遠くのポイントを狙って失敗して浅瀬に飛ばすと、たまに釣れるのが「ギンポ」です。見た目が貧相なので捨てる人が多いようですが、江戸前では天ぷらにしたり、私の出身地では煮て食べたりしますが、結構うまいです。
これも知識がないと食べようとは思わない魚の一つでしょう。

春から夏にかけてうまい魚に「イサキ」がありますが、刺身・焼き魚・煮魚で食すると美味です。
私は子供頃によく食べましたが、東京では、最近はとても高くなり、居酒屋でたまに注文する程度で、庶民の魚とは言えないようです。

庶民の魚と言えば、「サバ」ですが、私の育った町では水揚げされた鮮度の良いものは「刺身、握りずし」として食べます。他の地域では普通は焼き魚・煮魚、しめ鯖が普通です。
これは「足が速い」言われるように、すぐに鮮度が落ち、生食は食あたりになりやすいからです。魚によって色々と注意する食べ方がありますね。

[PR]
by neo-diy | 2016-05-05 08:32 | 食品・料理の話 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧