モンスターのような人の親

ウェブサイトの注意事項を守らない、人の労力をなんとも思わない人が増えています。学校教育の場や家庭でモンスターが増えているというのも頷けます。

言い訳する人は注意書きを読んでいなかったとか、無料相談が初回限定だとは知らなかったと言います。見積書・提案書への返事も半月以上経過してから、いきなり再見積りをお願いできませんかと言い、答えを出しても平気でキャンセルします。
*子供のためのピアノ防音室というリクエストが多いのですが、親自身が人への配慮がまったくないので、このような人が子供の教育とか、しつけなどできるのだろうかと思います。

某教育の専門家が、想像だけで親をブログなどで批判するのは論外ですが、学校側に対して、一方的に自分勝手に注文を出すだけで、給食費や教材費を払わない行為は親として終わっていると思います。そんな親が育てた子供が大人になり同じことをしたらと思うと、ますます民度が低下する懸念があります。
*親を反面教師として、まっとうに育ってくれるような奇跡を祈りたいです。

以前、プロのピアニストに、音楽関係の人は世間が思うよりも、我儘な人が多く、平気でキャンセルする人は珍しくないので、どうか気を落とさないで頑張ってくださいと言われました。
*このピアニストは偶然同郷であることが契約後に分かったのですが。

私が思うに、最近は音楽関係に限らず、全体的に民度は下がっていると感じています。それは取引先の一部でさえ、そうなのですから、もういまさら嘆いても仕方ないと思います。人の教育は一朝一夕で改善できるものではないからです。

これとは関係ないかもしれませんが、若い男性が約束を守らないことが多いので、非常に気になっていました。
先日、若い楽器演奏のプロの男性から依頼された件ですが、きっちりと約束を守っていただけたので、本当に良かったと思います。
*そういえば、NHK楽団のバイオリニストの相談者は比較的若い男性でしたが、約束は守りませんでした。だめな奴でした。一目見ただけでダメだなって思いましたが予想は当たりました。

[PR]
by neo-diy | 2016-06-04 07:48 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧