施工チーム担当現場が1つ決まりそうです

昨夜相談案件の提案書が了解され、やっと1つ施工チームの担当現場が新規に決まりそうです。
*すでに来週の月曜から始まる現場と連続して、7月までは彼らの担当が決まることになります。
あとは今日の相談と次の予約の件、見積りなどを提示して次の段階へと進むことになると思います。

一方、別チームの予定案件は1つが保留になり、もう1つが19日に相談を受けることになっていますので、どちらかが決まるといいのですが、見積りと予算次第でしょう。
このチームとは木造の現場を中心に取り組むと約束していますので、その原則を貫きたいと考えています。

なかなか厳しい状況が続きますが、ある取引先に伝えたら「ああそうですか。。」とまったくの他人事でした(笑)。この人は自分の利益にならないと思ったことには全く無関心です。私と知人が協力したこともとっくに忘れたようで、はるか昔話のような感じなのでしょう。

私は取引先から仕事を紹介されることはないので、あまり気にしないのですが、施工チームは仕事をくれない人の言うことには基本的に動かないです。

義理と人情を最優先する私のやり方は、取引先の中では最も古い手法ですが、営業手法はウェブサイトがメインですので、彼らの中では異色と言えます。私の感覚では、普通のことなのですが、これは事業メニューの内容が特殊なため仕方ないのですが、それでも年に数件は依頼者が運営しているウェブサイト経由で紹介されることがあります。
*依頼者の運営サイトは私にとって担当した実例の証なのです。

なんだか疲れがたまっているような気がしますが、もうひと頑張りです。
私から見れば取引先の不調は他人事ではないのです。必ずどこかでつながっていますので、業界全体の傾向として備える必要があるのです。そのための提案はしていますが、なかなか皆動きません。

[PR]
by neo-diy | 2016-06-09 08:56 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧