自分で靴を補修した

先日の強雨の際に無料相談があり、仕方なく革靴で出かけたのですが、帰路の途中で表面に5~6ミリ程度の穴が開いているのに気づきました。

おそらく、すり減って弱点になっていた内部から裂けたのだと思います。

約3年間履いたのですが、それ以前に使っていた運動用の革靴が5年ほど普通に履けたので油断していました。
*普通のビジネスタイプとスポーツタイプの耐久性の違い、素材の違いでしょうか。

破れた個所以外はまだ大丈夫なので、捨てるのを止めて自分で直しました。

購入した接着剤は革・生地を接着するのに適する速乾ボンド、小さいのを1本(税込みで200円弱)だけ。あとは合成革製品のキーホルダーを犠牲にして、約30ミリ×70ミリ程度にハサミで合成革の部分を2枚ほど切り取りました。

それを接着剤を付けて、破れた個所に内側から指で押し付け、二重にして貼り付けました。
色は同じ黒なので補修した個所は外側からは、ほとんどわかりません。
半日ほど乾かしてから、使いかけの防水剤(革用)を塗りました。

しばらくは使えそうです。他のところが破れたら、同じやり方で補修するつもりです。

だいたい、家具でも床材でも、パテ、塗料、接着剤で補修して使うことが多いのですが、ホームセンターに行くと便利なものが沢山あります。

[PR]
Commented by とんかつ at 2016-07-20 11:26 x
(*゚∀゚*)b いいね!
Commented by neo-diy at 2016-07-20 12:09
サンキュー!
ミスターDIY「とんかつさん」
by neo-diy | 2016-07-20 08:46 | 暮らしの雑記 | Comments(2)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy