PCが、ウェブサイトが分からなくて損する

会社勤めの頃、PCやウェブサイトなどネットが分からなくて会社を辞めた人がいました。
もちろん、向き不向きはあるのですが、その人は田舎に帰って不動産鑑定士になるという目的があり、夜間に専門学校に通っていました。
しかし、PCやネットが得意な後輩を社長が重用したというか、よく使うようになり、だんだん居づらくなり、また専門学校に通うことを理由に残業を免除してもらっていたので、最後は社長と折り合わなくなり、会社を辞めました。
*社長の話では給料に見合う働きがなければ、その分、残業してでも他の仕事を手伝ってほしいということだった。
だけど、他の仕事はPCソフトやウェブサイトが分からなければ戦力にならない。

PCやネットが分からないだけで職を失うなんて、本当に馬鹿げていると、私は思いましたが、この人の件が反面教師になり、私も苦手だったPCソフトやウェブサイトを自力で勉強するようになりました。

6年前に、同じマンションに住む職人が、役所の登録や受注にPCとインターネット環境が必要であるということで、私のPCとウェブサイトを見に来ました。
この人もPCが苦手で購入したけど使い方が分からないということで、私のところへ、活用するメリットや手続きのことを参考に聞きに来たのでした。
*いまでは普通に役所の仕事をPC・ネットを通じて受注して、書類もPCソフトで作成しています。年齢は私よりも一つ上です。

私の年代は大半がPC、ネットが苦手で、同年代の気持ちはよく理解できます。
でも、そういう需要を背景に、地元などのPC教室は運営できるわけであり、そういう時代なんだと思います。

ですから、私を助けてくれる知人(防音室の元お客さん)が運営するショップでギフトを購入するようにしています。自分で言うのもなんですが、私は義理堅いです。

いまは逆に若い世代がPCを使っていない人が多く、会社に入ってから困る、PC作業そのものが嫌で会社を辞める人もいるそうです。

私の知る限りでは比較的PCが得意な世代は30代だと思います。
PCが苦手でビジネスチャンスを逃したり、会社を辞めるなんて、もったいない話です。
でもね、PCが得意な人には苦手な人の気持ちや教え方がよく分からないものです。
教え方がうまい人は、PC教室やインストラクターに向いています。

[PR]
by neo-diy | 2016-07-22 08:02 | 仕事の回想・自分史 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧