どんな分野でも状況判断が重要

 今回の都知事選で改めて、状況判断が出来ない人は、どんな分野でも支持を失うということを痛感しました。相手候補や競業者を中傷することは自滅を招くということです。

 それに政治でも商いでも、女性を敵に回したらどうなるかをクリティカルに示したと思います。

 状況判断や他人の人格を軽視するような行為は、まさにブーメランのように自分たちに返ってきます。

 教訓を生かせない人は経営陣や幹部を引退したほうが良いと思います。仲間や組織の迷惑になります。

 さてこれからが、東京都政の課題解決への一歩になるわけですが、新知事には、都内の産業振興策、支援策、保育所環境の改善を一つずつでも良いから、着実に実行して欲しいと思います。

 私としては、保育所の問題が自分の分野と大きく関係があります。それは保育所は近隣騒音としてクレームの対象になり、新規建設やリフォームを妨げられています。

 私は、昨年、民間保育所の防音対策の相談を受け、防音リフォームを提案し、現場の問題を解決しました。女性の切実な願いを背景に、存続のための防音対策を提示しました。

 ぜひ、新知事には現場の状況を視察して、運営スタッフの声を聞いてほしいと思います。保育所を成立させるための課題は一つではなく、色々な問題が複合化されています。
 状況を分析して、適切な方策を判断されることを期待します。
[PR]
by neo-diy | 2016-08-01 08:13 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧