システムは人のチェックが必要

 昨日、現場に一部の資材が届かず、急きょ、施主(依頼者)にお願いして、夕方受け取っていただきました。
*午前指定なのに、遅延の電話連絡もなかったが、どうやら発注書の注意事項を営業所が見落としていたらしい。

 いくら発注がシステム化されていても、担当者が見落としたのでは機能しない。それはウェブサイト経由の問合せを担当者が見落として返信しないのと同じく致命的になる。

 一部取引先は、相変わらず目先の入金ばかりを気にしていて、自分が発注した製品が現場に届いたかどうかの追跡すらしていなかった。
(なんと、請求書だけ先に来ていました!別の会社の社長が言うように、自分の事しか考えない・笑)
私の場合は、発注伝票の控えが来ていれば、必ず追跡します。

 ウェブサイトの更新に関心がない人は、システムのチェックすらしないことが多く、すべてが他人任せであることが多いです。

 私も昨日は、夏休み前の最後の現場でしたので、ちょっと心配しました。先月の後半から9月までの現場は自分の経費を削って、施工チームの費用を確保するするなど自分を犠牲にして仕事を回しています。

 現在、自分の運営するウェブサイトの修正を行っています。色々な情報を参考にして修正するとともに、新しいコンテンツを検討中です。
 システムは必ず自分の目でチェックすることを心がけています。そのための長い夏休みを予定しています。

 今日から土曜までの4日間、書類作成と新規の現場下見が1件入っています。これらの目途をつけて、来週から夏休みです。
*今回は相談予約をすべて夏休み明けにしていただきました。待ちきれないかたは辞退されました。

 今回だけは自分の考えをまとめる必要があるので、時間がかかります。それに長い間、建物見学を延期していましたので、来週あたりに行きたいと思います。
[PR]
by neo-diy | 2016-08-03 08:27 | 事業者向けネタ | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy
プロフィールを見る
画像一覧