地方の現場が2件動いています(木造防音)

現在、在来木造住宅が2件(地方)動いています。すでにコンサルティング費用は頂戴しましたが、アフターサービスとして建物竣工までサポートしています。

手前味噌ですが、在来木造建築(住宅・アトリエ・音楽室)の音響・防音対策を既製品だけでなく、伝統的木材、漆喰、土壁、藁・おがくずなどで設計できる専門家は、ネット上では私だけになりました。

このため、地方からの相談があるのだと思います。

大半の専門業者は古い事例や伝統的建築物の特長が理解できないので提案も施工指導も出来ません。

私は毎年、事例をネット上で探すだけでなく、古い木造建築物を見学に行き、触っています。
もちろん、内部の構造はあくまで公表されているホームページやパンフ、研究者のリポートを参照しています。

それと重要なのは、地方の地元の職人が施工できるものを提案することです。地元の建築材料を生かす工夫こそが私の役割です。

今日は半月前にご予約をいただいた防音相談です。これをもって年内の新規相談は終了になると思います。
無料相談の日程を限定してブログで知らせましたら、問合せが来なくなりました。
あくまでもサービスですので、私の体が空いているときしかできません。
あと10日で休みになります。

もうすこしで、案件の目途が付きます。

[PR]
by neo-diy | 2016-12-15 08:09 | 住まいの防音 | Comments(0)

ホームページづくり、DIY防音や、知人のウェブページ、雑記※長文や迷惑文章でなければコメントを歓迎します。(東京都在住)


by neo-diy